教育マイクロワールド研究会 (過去の記録)
 TOP > 第24回会報
 
第24回教育マイクロワールド研究会

 

青葉若葉がすがすがしい今日このごろ。 5月10日(土)に第24回教育マイクロワールド研究会が開催されました。

 

『LOGOのたまご』検討・協議

司会:鎌田敏之先生
推進&まとめ:正田良先生

<概要>
前回(4/19)決定された成果物の形態は「薄い冊子すなわちパンフレット(24頁または16頁)+ CD-ROM」でした。
その結果を受けて、パンフレットにいれる作品の再選択、また「学習へのヒント」(単元への関連やアイデア)について、それぞれが考えてくることになっていました。今回は正田先生が16頁構成の目次案を提示され、「パンフレットのターゲット」を再確認しつつ検討協議が行なわれました。

<今回の配布資料>
・「MicroWorld冊子の目次案」(by正田先生)

[ダイジェスト]

<パンフレットのターゲットと掲載する作品>
初心者や子ども達(小学校4年・5年〜)がパッと見て「面白そう、やってみたい」と思うような作品。 さらに、小学校の先生が見たとき、授業での応用をイメージできたり、具体的に活用のヒントが提示できそうな作品。
---(以上、前回報告引用)----

今回の目次案は、初心者や子ども達をひきつけられそうな見栄えや、オブジェクトを満遍なく紹介したいという正田先生の意図から、原本『LOGOのたまご』(金井先生作)に入っていない「LOGOカップ」(金井先生作)や正田先生選択の作品が追加されました。原本からかなり離れた作品選択には、賛否両論で次回の検討に持ち越されることとなりました。

ピックアップされた作品
・1)LOGOカップ(金井先生作)
・2)誕生日を当てる(*正田先生選択)
・3)脱出(原本『LOGOのたまご』より)
・4)地図と風景(*正田先生選択)
・5)カメへの道案内(*正田先生選択)
・6)プレゼン(円の面積)(*正田先生選択)

*正田先生選択--とあるもののうち(2)(4)(5)は、三重大学(大学院教育学研究科)で2001年度に正田先生が行なわれた講座「免許法公開講座」で受講生が発案したり制作した作品です。また、(6)は金井先生の原本『LOGOのたまご』の作品を参考に正田先生が複数のページを付け加えたものです。

(ダウンロード方法)
(2)(4)は,http://www.logob.com/users/rio/math2001/index.htm のページを開きます。
(2)は「Nakai.mw2」、(4)は「mizutani.mw2」です。
ファイル名の上で右クリックして、プルダウンメニューから「対象をファイルに保存」をクリック。 保存先を指定してダウンロードします。
*(4)はEXではなく、Proで開いてください。

(5)(6)は,http://www.logob.com/users/rio/mwex_tip/ のページを開きます。
(5)は「Circ2Tri.mwx」、(6)は「Oonisi.mw2」または「Oonisi.mwx」(「Oonisi.mwx」の場合、 アニメファイルlegacy.mwaが同じフォルダにないと動きませんのでlegacy.mwaもダウンロードして、 「Oonisi.mwx」に取り込んでください。
ファイル名の上でクリックすると、保存先を確認するメッセージが表示されます。保存先を指定してダウンロードします。


◇検討協議での意見

・パンフレットは初心者向けに。パッと見るとやさしくて、しかし、応用発展の可能性をもつもの。例えば、子どもは模様を描くのが好き→連続模様にしてみよう→動かしてみよう→紙芝居やアニメに発展させる。
・単なるお絵かきには終わらせない。作る楽しさを味わわせたい。
・発想を発展させていく力を大切に。
・今後の教育の流れのなかに、創造力の欠如した現在の学生(若者?)を生み出したこれまでの教育を見直し、問題解決学習に回帰する可能性もみられる。

 

《次回の内容と課題》

次回の第25回研究会は6月28日(土)に行います。
ワークショップ形式で、2-3人のグループに分かれて実際に16頁の束見本にラフスケッチやメモをいれて、ターゲットをしっかり意識した作品のピックアップや構成の検討を行います。多数のご参加をお待ちしております。

 

【マイクロワールドProを使った研究授業のお知らせ】

当研究会員の坂本八十八先生(和歌山県橋本市)が「マイクロワールドPro」を使った研究授業を行なわれます。


研究授業日:6月10日(火)午後1時45分〜
教科:第4学年算数科「円と球」 自作ソフト「宝さがし」使用
場所:和歌山県橋本市立清水(しみず)小学校


一般公開ではありませんが、会員の見学については了解をいただいています。会員外で見学ご希望の方は6/5(木)までに事務局までメールをいただければ可能です。

また、「デジタルコンテンツ活用事業」(文部科学省)和歌山版の成果発表会(2003/02/15)で発表された坂本先生の作品を下記でご覧になれます。以前からさまざまなLOGO活用を行なわれてきた坂本先生のマイクロワールド作品7つ(新作6つ)が含まれています。是非ご覧ください。

http://www.cypress.ne.jp/saka88/d-soft/d-soft.htm

以上(文責:事務局 北垣)