ホームにもどる 次のステージに進む

 ずっと同じページで動いているだけでなく、別のページに進めるようにしよう。
    G8sample.mwx  G8見本.mwx
<学習の進め方>
の作品を開いて、プログラミングをはじめます。どんな作品が完成するかはで確かめられます。  

G8start.mwxを左クリックして開いて、はじめます。   日本語でプログラミングでは G8はじめ.mwxを左クリックして、はじめます。   
 1.別のステージに進む入口を作る
(1)別のステージへの入口をの色でぬる
(3)今の作品の状態を保存するプログラミングをします。 
 1  日本語で考えて書いてみると →  プロジェクトを保存する
 2  その日本語を英語で書くと →  Save the project
 3  英語をLOGO言語のプログラムとして書くと →   saveproject
 4  英語のLOGO言語を日本語のLOGO言語に訳すと →  作品の保存
  
(4)新しいカメでかめ3を貼り付けて、今の作品を保存するプログラムを書きます。 
 
(5)別の作品G9を開くプログラミングをします。
 1  日本語で考えて書いてみると →  G9のプロジェクトを入手する
 2  その日本語を英語で書くと →  Get the G9 project
 3  英語をLOGO言語のプログラムとして書くと →   getproject "G9
 4  英語のLOGO言語を日本語のLOGO言語に訳すと →  作品を出す ”G9
 
(6)かめ3 にプログラムを追加します。
 
 
(7)がに入ったら、10もどって、反対向きになってから、かめ3を実行するプログラミングをします。
 1  日本語で考えて書いてみると →  10もどって、180右回転し、かめ3がクリック
 2  その日本語を英語で書くと →  Go back 10 and turn 180 right and turtle 3 clicks on
 3  英語をLOGO言語のプログラムとして書くと →   back 10 right 180 かめ3、clickon
 bk 10 rt 180 かめ3、 clickon
 4  英語のLOGO言語を日本語のLOGO言語に訳すと →  後ろへ 10 右へ 180 かめ3、 クリックオン
 <日本語プログラミング>
  後ろへ 10 右へ 180 かめ3、 クリックオン
 
(8)もどってきたときの手順 startup を作ります 。startupは、作品を開くと自動で実行します。
 
(9)作品を G8 の名前で上書き保存します。


 2.次のステージを作る
(1)作品「G8」をかいぞうして、作品「G9」を作ります。
  
(2)を右クリクックして、 G9 を G8 に書きかえます。
 
(3)作品を ファイル→名前を付けて保存 で、G9.mwx の名前で保存します。
▲TOP