プログラミング学習用ブラウザKAME   KAME.zipダウンロード
KAMEは、プログラミング学習用ブラウザ(教育用フリーソフト)です。ブラウザとして教材を閲覧でき、さらにダウンロードしたKAMEのカメのフォルダにある体験版マイクロワールドEXで作品を開き、プログラミングできます。
体験版マイクロワールドEXは、ライセンス期間は、製品版と同じに保存ができます。(製品版→https://microworlds.jp)
製品版マイクロワールドEXがインストールされたPC上でKAMEを起動すると、体験版マイクロワールドEXは、製品版と同じ機能で使えます。
KAME、マイクロワールドEXは、WindowsXP以降のPCでの動作が確認されています。  
 KAMEの使い方
 1 KAME.zip を左クリックしてダウンロードする。
 2 ダウンロードした KAME.zip をすべて展開します。
 3 展開してできた フォルダをデスクトップ、あるいはUSBメモリーにコピーします。
 4 フォルダ内にあるKAME.exeを実行します。
KAME.exeを初めて起動したときは以下が表示されるのでから実行します。 
2回目以降は表示されません。
   
 5 KAMEの画面で作品1、作品2、作品3を白紙のページからプログラミングします。
LOGO工房を開くと、LOGO工房のページの作品を開いてプログラミングできます。作った作品は、自分のフォルダの【作品】に保存されます。
保存した作品は、から開きます。 
   





 KAMEブラウザ・リファレンス
KAMEは、教材提示と教材の実行のブラウザとして開発しました。
KAMEを設定して、1つの教材とすることや、KAME.exeサーバーや共同利用のPCに入れて、複数の児童で利用することなどができます。
リファレンス
 KAMEの構造  KAMEを構成するファイル
 学年、学級、名前のセットアップ 1台のPC、あるいはサーバーを共同利用するとき作品を児童名のフォルダに保存する設定
 モジュール教材の作成  USBに入れて利用する教材の作成方法
 作品転送  授業が始まるとき、自動で教材とする作品を児童のPCに転送する方法
 KAMEの拡張機能 作品を開けるようにKAMEで拡張されたリンク機能の使い方 
 環境設定 KAMEの設定.txtによるカスタマイズ 教材の場所を設定できます 
 線画モード 授業で、PCの画面に線画を書いて説明したり、画面を保存したりするモード 
 ライブラリ画像のカスタマイズ  マイクロワールドEXのライブラリを学習用に独自の写真や画像にする方法
 KAMEへの Q&A
KAMEを使った授業は、どのようにしていますか
 USBメモリーにKAMEの教材を入れて、児童が学習に使うPCのデスクトップにKAMEの教材をコピーしてから学習しています。
 30人ほどの児童のPCにコピーしても30分ほどで準備が終わります。学習が終わったら、フォルダごと削除して終わりです。

体験版マイクロワールドEXとは、何ですか
 Logo言語を記述するためのプログラミングソフトです。
 グラフィックツールの機能があり、カメ、ボタン、スライダーなどのオブジェクト、シェイプの利用ができます。

Logo言語とは何ですか
 子ども用プログラミング言語として開発された、プログラミング言語のひとつです。
 Logo言語は、ページにあるカメが動きながら描画し、文字列をリスト、ワードとして扱うことが特徴です。

なぜ、マイクロワールドEX(Logo言語)で授業をするのですか
 授業として、簡単にプログラミングできて、英語でも日本語でもプログラミングできて、いろいろな作品ができるからです。
 幼稚園児がお絵かきソフトとして楽しみ、小学生、中学生がプログラミングを楽しみ、大学生が研究に使えてきました。
 実際に中学校の部活動で生徒が入学から卒業までプログラミングを続け、科学展の研究にも使ってきました。
 プログラミングの授業を経験したことが無い人が「他の簡単にプログラミングできるソフトもある」と言うかも知れません。
 学校の授業として行いたいのは、画面でカメやウサギを動かしたり、三角形や四角形を描いたりすることだけではありません。
 「簡単にプログラミングできるソフト」でプログラミングの授業を行えば、1、2回で、学習することが無くなってしまい、
 授業では無い、単なる遊びの時間になってしまうことに気づくでしょう。

児童が作った作品は、どこに保存されるのですか
 児童がリンクから作品を開いてプログラミングした場合は、上書き保存します。
 ネット上のリンクから作品を開いた場合は、上書き保存すると児童のPCの【作品】フォルダに保存されます。

KAMEを利用するのに最低限必要なファイルは何ですか
 KAME.exe、KAMEフォルダにあるMWEXフォルダと【作品】フォルダ

KAMEの教材テキストを作るには、どんなソフトを使いますか
 KAMEが最初に開くテキストは、index.html です。このindex.htmlは、ホームページで使われるHTMLファイルと呼ばれています。
 HTMLファイルは、ワード、一太郎、Excel、メモ帳で作ることができますが、HTMLを作るためホームページビルダーが便利です。


▲TOP 
KAMEの構造 
KAME.exeは、プログラミング学習用のブラウザソフトです。学習テキストを表示し、リンクからプログラミングソフト(体験版マイクロワールドEX)を起動して、プログラミングの学習を行います。環境設定フィイル「環境設定.txt」によって、開く教材の場所を設定できます。
1.KAMEは、KAME.exe とKAMAフォルダからできています。
  KAMEの名前を教材の名前に変えることができます。
 
2.KAMEフォルダの中には、【作品】フォルダとMWEXフォルダがあります。






index.html は、教材テキスト。ホームページビルダーかワープロで作成します。
wall.jpg は、画像。ペイントソフトで作成します。
拡張子 .mwx は、作品ファイル。体験版マイクロワールドEXで作成します。
※ライセンス期間を過ぎると保存できません。







KAMEの設定.txtは、メモ帳で開いてKAMEの一部の機能を設定できます。


学年1.txt~学年7.txtは、児童名です。
学年名.txtは、それぞれの学年の名前です。
これは、共同利用しない場合は不要です。
 ▲TOP 



▲TOP
学年、学級、名前のセットアップ
KAMEをサーバーに入れて、共同利用する場合です。
共同利用するときは、次のようにセットアップすることで学習する児童の作品が児童ごとのフォルダに保存されるようにします。
(1) KAME.exe のファイル名の前にアンダーバー( _ )をつけて _KAME.exe とする。 
KAME.exe のファイル名の前にアンダーバー( _ )をつけて _KAME.exe とすると、学年、学級、名前を選択するウィンドウが出るようになります。
児童が作品を保存すると、デスクトップに作られた学年、学級、名前のフォルダの中に保存されるようになります。
(2) KAME → MWEX とフォルダを開き、学年1.txt ~学年名.txt をメモ帳で開く。
 
※学年数の最大は7、学年の学級数の最大は8、学級の児童数の最大は42 です。 
(3)学年名.txt の編集 
MWEXフォルダ内の学年名.txt は、 _KAME.exe を起動したときに表示される、「がくねんをえらびましょう」のボタンを設定するテキストファイルです。
ここで設定された学年の名前のフォルダが【作品】フォルダの中に作られます。
 
 <4年~6年まで表示の例>
 
(4)学年1.txt ~学年7.txt の編集
 MWEXフォルダ内の学年1.txt~学年7.txt は、学級名と児童名のボタンを設定するテキストファイルです。
 ここで設定された 学級名と児童名のフォルダが【作品】の学年名のフォルダの中に作られます。
<学年1.txt の例>  
 
 ▲TOP


▲TOP 
モジュール教材の作成 
教材を実行するのに必要なファイルをUSBメモリーに入れて、利用する教材の作成方法です。
HTMLファイルを作成するホームページビルダーを使うのが簡単ですが、ワード、一太郎、Excel でも作成できます。
メモ帳でも作成できますがリンクでは、HTMLでのリンクの書き方を知る必要があります。
(1)ダウンロードしたKAMEをUSBメモリーに入れます。

(2)学習で利用するマイクロワールドEXの作品を【作品】フォルダの中に保存します。

(3)エクスプローラーで【作品】を開きます。

(4)index.htmlを右クリックしホームページビルダー、または、ワード、一太郎、、Excel、メモ帳 などで開きます。


(5)教材のページに編集します。

(6)教材のページから開きたい作品へのリンクを設定します。
<ホームページビルダーでリンク>







※ホームページビルダーなど、ホームページを作成するソフトを使って作成するときは、リンクは、相対リンクになりますので、教材を移動しても正常に開けます。

<ワードでハイパーリンク>
文字の上で右クリックし、ハイパーリンクを挿入(そうにゅう)します。


  ハイパーリンクを修正するときは、ハイパーリンクの上で右クリックし、ハイパーリンクの編集(へんしゅう)を行います。


<一太郎でハイパーリンク>
リンクする文字をドラッグして反転し、挿入(そうにゅう)のハイパーリンクで作成/変更(へんこう) を左クリックして、ハイパーリンクを編集(へんしゅう)します。


※ワープロでのハイパーリンクは、絶対アドレスになっていますので、教材を他のフォルダやPCに移動すると、リンクが切れてしまいます。
 しかし、KAMEから
教材をリンクで開くときは、KAMEが教材フォルダの中にあるものと判断して、相対アドレスでサンプル作品を起動します。

※ワープロで他の学習ページへのハイパーリンクを記述したときは、絶対アドレスのまま
開きますので、
 教材を移動したとき正常に開けない場合があります。そのときは、その教材の位置で、再度ハイパーリンクをやりなおしてください。




(7)HTML形式で名前を index.html として保存します。
index.mhtml、index.mht、index.pdf、index.htm、index.htmlのいずれかで保存します。
 複数の拡張子で保存すると、優先順位の上位のファイルを開きます。

<ホームページビルダーで保存>


















html形式で保存

<ワードで保存>

  
 











htm、html
または mht、mhtml形式で保存


<一太郎で保存>
  
 





html形式(特許)で保存 
 ▲TOP 



▲TOP 
作品転送 
学習前にサンプル教材を準備していて、学習時にそれぞれの学習者の【作品】フォルダに教材を転送する方法です。
(1)転送される作品は、 作品1.mwx ~作品100.mwx の作品です。
<例>
 作品1.mwx
 作品2.mwx
 と2つの作品をMWEXフォルダに入れておくと、その2つの作品が【作品】フォルダにコピーされます。

(2)すでに転送されている同じ名前の作品1.mwx~作品100.mwx は、上書きされません。
  転送させるときは、【作品】内のその名前の作品を削除します。
 ▲TOP 



▲TOP 
リンク機能(きのう)
KAME.exe はブラウザソフトですので、通常のブラウザとしての機能があります。
通常のブラウザで作品のリンクを開くとダウンロードになり、作品で使われている音声ファイルがダウンロードされません。
KAMEは、ネット上の作品へのリンクを開くと、あたかも自分のPCの上で開いたように作品を開き音声フォイルもダウンロードされ、作品を自分のPCに上書き保存することができるなど、グラミング学習用にKAME独自の機能が追加されています。
これらの追加機能は、リンクの記述に追加して記述することによって機能します。

HTMLファイルへのリンク
リンク先をページ名にする
 書式  HTMLファイル名
 例  うごく絵を作ろう.html

・リンク先がHTMLフォイル名のとき、そのページを開きます。


マイクロワールドEXの作品へのリンク
リンク先をマイクロワールドEXの作品名にする
 書式  マイクロワールドEXの作品名
 例  うごく絵を作ろう.mwx

・リンク先がマイクロワールドEXの作品(作品MWXファイル、カメMWAファイル)のとき、MWEXフォルダにあるマイクロワールドEXを起動(きどう)して作品を開きます。
・通常のブラウザのように「ダウンロードしますか・・・」などのメッセージがでません。

フォルダをエクスプローラーで開く
リンク先をフォルダ名にする
 書式  フォルダ名/
 例  うごく絵を作ろう/

・リンク先がフォイル名でなく、フォルダ名で終わっていると、KAMEは、フォルダ名のフォルダをエクスプローラーで開きます。
・例のように書くと、「うごく絵を作ろう」のフォルダを開きます。

フォルダごとデスクトップにコピー
・リンク先の最後に半角文字の ! をつける
 書式 転送元フォルダ名/転送先フォルダ名!
 例 動く絵を作ろう/【学習1】!

 ・転送元フォルダをデスクトップの転送先フォルダに転送します。

例のように書くと、動くを絵を作ろう のフォルダをデスクトップに【学習1】のフォルダを作り、
その中に 動く絵を作ろう のフォルダをコピーします。

KAME(カメ)で使う教材として、フォルダをデスクトップに教材として実行できるようにエクスポート
・リンク先の最後に半角文字の $ をつける
 書式 転送元フォルダ名/転送先フォルダ名$
 例 動く絵を作ろう/【学習1】$

・転送元フォルダをデスクトップの転送先フォルダに転送し、さらに、MWEXのフォルダと名前をフォルダ名にしたKAME.exeを転送します。

例のように書くと、動くを絵を作ろう のフォルダをデスクトップに【学習1】のフォルダを作り、
その中に 動く絵を作ろう のフォルダをコピーし、
さらに、動く絵を作ろうのフォルダの中にMWEXのフォルダをコピーします。
さらにKAME.exe を動く絵を作ろう.exe の名前にしてコピーします。
この動く絵を作ろう.exe を起動すると、動く絵を作ろう のindex.html が開かれ、教材が利用できます。



マイクロワールドEXの作品で使う音声ファイルを【作品】フォルダにダウンロードする
・作品名につづけて、半角文字の &&& をつけて音声ファイル名を加える
 書式 作品名&&&音声ファイル1&&&音声ファイル2&&&音声ファイル3
 例 動く絵を作ろう.mwx&&&WAAI.wav&&&willtell.mid

・マイクロワールドEXの作品を【作品】にダウンロードして利用するとき、作品が音声ファイルや音楽ファイルをインポートしている場合は、作品と同じ階層にいっしょにコピーする必要があります。

・&&&A-Z.wavと書くことでA.wav~Z.wavまでをダウンロードできます。



マイクロワールドEXで使うファイルを【作品】フォルダにダウンロードするとき、サブフォルダを作る
・作品名につづけて、半角文字の ### をつける
・親ディレクトリにコピーするには、 ファイル名の最初に 半角文字の ..をつける
 書式 作品名&&&..音声ファイル1&&&音声ファイル2&&&音声ファイル3###DATA
 例 分類.mwx&&&..夏の音楽.wav&&&夏.jpeg###DATA

・分類.mwx が【作品】にダウンロードされるとき、画像ファイルをデスクトップにある【作品】フォルダにDATAフォルダを作って、その中にコピーします。
・ファイルの前に .. をつけると、作品と同じ階層のフォルダにコピーされます。
 上の例では、夏.jpeg は、 【作品】¥DATA にコピーされ、夏の音楽.wav は、【作品】にコピーされます。




アップデート
・CSSファイルを開き、CSSファイルに書かれた内容を実行します。
 書式 アップデートファイル名.css
 例 DL.css
・DL.cssファイルを開き、以下のように書かれた内容を実行します。

         CSSファイル内の書式
CSSの書式 ファイル名#MWEXフォルダの中のフォルダ名&
 NO.wav#音声・効果音&YES.wav#音声・効果音&
・\MWEX\音声・効果音 のフォルダの中に NO.wavとYES.wav を転送します。




 EXEプログラム起動
・EXEファイルを起動するときにパラメーターを渡します。
 書式 実行ファイル.exe+パラメーター
 例 HENKAN.exe+花子 太郎

・HENKAN.exe を起動し、第4パラメーターに「花子」、第5パラメーターに「太郎」を渡します。

 [第1:KAMEのファイル名] [第2:提示しているページのHTMLファイル名] [第3:【作品】のフォルダ名] [第4:花子] [第5:太郎]

※ 「花子 太郎」と一つにして渡したいときは、 HENKAN.exe+&quot花子 太郎&quot とします。
 [第1:KAMEのファイル名] [第2:提示しているページのHTMLファイル名] [第3:【作品】のフォルダ名] [第4:花子 太郎]


 ▲TOP  




▲TOP 
環境(かんきょう)設定(せってい) 
KAMEの機能の一部は、 環境設定ファイル「KAMEの設定.txt」をメモ帳で開いて設定できます。
(1)MWEXのフォルダを開きます。
(2)MWEXの中にあるKAME(カメ)設定(せってい).txt の上で右クリックして、メモ帳で開きます。
(3)変更(へんこう)したい項目を見ます。


教材の設定例
<NAME>【作品】</NAME> ----- KAME\【作品】が教材フォルダで、その中のindex.htmlを開く
<NAME></NAME> ------------ KAMEフォルダが教材のフォルダで、その中のindex.htmlを開く
<NAME>https://microworlds.jp/logo1/index.html</NAME> ------------ https://microworlds.jp/logo1/index.htmlを開く
 ▲TOP 



▲TOP 
線画モード
KAMEから線画モードにして、画面に線を入れて説明したり、画面の一部をコピーして、画像と保存できます。
(1)画面右のの上にマウスカーソルを1秒以上を置くか、左クリックすると、画面全体がキャプチャーされ、線画モードになります。
 


(2)線画モードでは画面に線画を描けるようになります。
にマウスカーソルを置くだけでキャプチャーするので、動画の画面を表にしたままキャプチャーでき、静止画面になった動画画面に線画を描けます。

(3)キャプチャー、写真キャプチャーでのイメージは、クリップボードに入るので、ワープロ画面で貼り付けが行えます。
 ▲TOP 



▲TOP 
ライブラリ画像のカスタマイズ 
KAMEの機能を使って、体験版マイクロワールドEXのライブラリ画像を授業に合った画像にします。
(1)ページの大きさ程度にした授業で使いたい画像をbmp形式かjpeg形式で準備します。
  画像ファイルの名前は、数字以外で、名前に空白の無い、わかりやすい名前にします。
 ※「線画」で切取り保存できます。

(2)KAMEの中にあるMWEXフォルダの中のGraphicsフォルダのどれか、カスタマイズしたいフォルダを開きます。
  

    例えばLandscape1をカスタマイズしたいときは、Landscape1のフォルダを開きます。
   

(3)この中のファイルを全部削除(あるいは、index.txtだけ削除でも良い)して、授業で使う画像ファイルを入れます。

(4)KAME.exe(この例では、動く絵を作ろう.exe)を起動(きどう)すると、ライブラリがカスタマイズされます。
  

※インストールされたマイクロワールドEXでは、「お気に入り」に登録して、インストール先に作られた「Favorites」フォルダのファイルをコピーして、利用する方法もあります。

 ▲TOP