LOGO工房
小学校プログラミング教育
小学校・中学校〜 LOGO言語でプログラミング
(C)inakakoubouKANAI 
カメ「LOGO言語」でプログラミング学習
KAME    かわら版    icard    いなか工房    ICTツール・ダウンロード
  マイクロワールドEXのLOGO言語は、日本語、英語でプログラミングできる教育用プログラミング言語です。コンピュータ言語で楽しく活動する子供の世界をマイクロワールドと呼び、マイクロワールドEXは、LOGO言語とマルチメディアの総合環境です。これまでに幼稚園〜大学、一般まで、幅広く活用されてきています。 マイクロワールドEXのLOGO言語を使ったプログラミングでは、「身の回りの現象を科学的に分析し、論理を見つけ、手順化し、作品として検証する」という活動が行え、科学的な思考力を育てることができます。
 プログラミング的思考力を育むプログラミングの入門から研究的な実用プログラミングまで、便利に利用できます。
 小学校の先生 必見 プログラミング教育のアイデア 
中学校理科  理科「光の屈折」実践例
マイクロワールドEXのLOGO言語は、ずっと使えます。
幼稚園 小学校  中学校  上級学校  社会人  老後
            
グラフィックツール
で作品作り 
教科・総合で
プログラミング
ゲームの作成
技術・家庭、
部活でプログラミング
ゲームの作成 
情報でプログラミング
数学や物理などの
プレゼン作り
プレゼンや教材作り
孫用のゲームを作る
ボケ防止
  カメでプログラミング学習    LOGO工房の集大成 

  → カメ「カメでプログラミング学習」の使い方  KAME「カメでプログラミング学習」のセットアップ手順
これまでのプログラミング学習で作ってきた作品(約1ギガバイト)をDVDにまとめました。
命令語のすべての解説とサンプルをがあります。
小学1年〜6年の教科の学習を深めるプログラミング教材があります。
小学生用のプログラミング学習用の教材があります。
ゲーム作成の教材があります。
 DVDの中にある KAME.zip をデスクトップにコピーして、すべて展開して、KAME.exe を起動して利用します。。
KAME「カメでプログラミング学習」
 → https://microworlds.jp/logo-programming.html

「カメでプログラミング学習」をネット版で体験 →KAMEネット版
 ※ネット版を利用するには、KAMEブラウザが必要です。






教科の学習でプログラミング学習

クラブ活動でプログラミング学習
  マイクロワールドEXでのLOGOプログラミングを動画で観よう。
    
    
  
1分間プログラミング 時計を置いて1分間でプログラミングできるかカット無しで撮影しました。
     
 
 LOGO言語入門の超簡単プログラミング
 10秒でアニメーションをプログラミング
KAMEブラウザから作品のリンクを左クリックすると作品が【LOGO作品】にダウンロードされて実行されます。
10秒アニメーション.mwx


ペイントツールで、背景を描き、たくさんカメをはりつけてアニメーションにするとおもしろいです。
 鳥が羽ばたきながら移動するプログラムは、次の手順で10秒で作れます。

のボタンで、ページにカメを1匹はりつけます。


 ライブラリの鳥1を左クリックして、ページのカメの上で左クリックします。

 ライブラリの鳥2を左クリックして、Shiftボタンを押しながらカメの上で左クリックします。

 ページの鳥(カメ)の上で右クリックして、アニメーションを左クリックします。


 ページの鳥(カメ)を左クリックすると、パタパタと上がっていきます。
  ※ 飛ぶ向きは、カメの向きで変えられます。
 ちょっとしたプログラムも簡単に作れます。
 30秒でくりかえす四角形 

  無限で四角形.mwx

カメのプログラムを書く場所は、これ以外にカメの中の手順、カメの中の追加設定、手順タブエリア、色、コマンドセンターなどがあります。
30秒あれば、無限に四角形をくりかえすプログラミングができます。
無限にくり返すと思いもよらない図形が描けます。

カメを1匹はりつけます。

カメを右クリックして設定でLOGO言語のプログラムを書き、無限に にチェックを入れます。
 

カメを左クリックすると、絵をかきはじめます。
  止めるときは、を左クリックするか、カメを左クリックします。
 もう少しプログラミング
マイクロワールドEXで、どのように制作するのかを知ろう。→ マイクロワールドEXの使い方 
ゲームを作りたいと思ったら。→  ゲーム作成の基本
教材を作りたいと思ったら。→問題作成











   (C)2018 inakakoubouKANAI   
 ▲TOP