; 注釈(ちゅうしゃく)文(実行(じっこう)されない行)手順(てじゅん)の外に書かれた行も注釈(ちゅうしゃく)文になります。


アスキーアスキーコードを(かえ)す ⇔ 
あたらしいかめ新しいカメを作る
あまり()り算の余り(あま)りを(かえ)
あるか文字があるか、ほんとう、うそを(かえ)
いくつめ文字がいくつ目にあるか数字を(かえ)
いちカメの位置(いち)(かえ)す ⇔ いちは
いちじうえへテキストボックスの中のカーソルを一字上に移動(いどう) ⇔ いちじしたへ
いちじけすテキストボックスの文字を一字()
いちじしたへテキストボックスの中のカーソルを一字下に移動(いどう) ⇔ いちじうえへ
いちじひだりへテキストボックスの中のカーソルを一字左に移動(いどう) ⇔ いちじみぎへ
いちじみぎへテキストボックスの中のカーソルを一字右に移動(いどう) ⇔ いちじひだりへ
いちはカメを「横 (たて)位置(いち)移動(いどう) ⇔ いち
いまのかめカレントのカメの名前を(かえ)す ⇔ かめは
いろカメの色を(かえ)す ⇔ いろは
いろはカメの色、ペンの色を設定(せってい)する ⇔ いろ
うけたじ実行(じっこう)を一時止めてキーボードの文字を受け取る
うしろへカメを後ろへ動かす ⇔ まえへ
うしろへさげるカメの重なりを(おく)(うら))にする ⇔ まえへだす
えだけけす背景(はいけい)だけを()す ⇔ えをけす
えのばしょ画像(がぞう)ファイルを位置(いち)とサイズを指定(してい)して背景(はいけい)に読み()
えのリスト画像(がぞう)ファイル一覧(いちらん)
エラーメッセージエラーの名前を(かえ)
えらばないテキストボックスの文字の選択(せんたく)解除(かいじょ)する ⇔ えらぶ
えらぶテキストボックスの文字を選択(せんたく)する ⇔ えらばない
えらんだものテキストボックスの選択(せんたく)した文字を(かえ)
えをけす背景(はいけい)()して、カメを「0 0」に(もど)す ⇔ えだけけす
えをよみこむ画像(がぞう)ファイルを背景(はいけい)に読み()む ⇔ はいけいのほぞん
えんしゅうりつ円周率(えんしゅうりつ)の数字を(かえ)
おおきさカメの大きさを(かえ)す ⇔ おおきさは
おおきさはカメの大きさを設定(せってい)する ⇔ おおきさ
おとは楽器を演奏(えんそう)する
おなじか =同じ(大文字小文字の区別をしない)とき、ほんとうを(かえ)
おわったかプロセスが終わったらほんとうを(かえ)

かいじょオブジェクトの固定(こてい)解除(かいじょ)する ⇔ こてい
かえるカメを「0 0」に移動(いどう)()きを0にする
かきいれるテキストボックスに文字を書いて、改行(かいぎょう)しない
かくテキストボックスに文字を書いて、改行(かいぎょう)する
かくれるカメが(かく)れる ⇔ でてくる
かずワードの文字数、リストの要素数(ようそすう)(かえ)
かたちカメの形の番号か名前を(かえ)
かたちのスナップカメの大きさでカメの背景(はいけい)をコピーして記憶(きおく)する ⇔ スタンプ
かたちのほぞんカメの形を保存(ほぞん)する ⇔ かたちをよみこむ
かたちはカメを形の番号の形にする
かたちをよみこむカメの形を読み()む ⇔ かたちのほぞん
がっきは楽器の種類を設定(せってい)する
かめにきくカメをグローバルなカメにする
かめのインポートカメをインポート(読()み)する ⇔ かめのエクスポート
かめのエクスポートカメをエクスポート(保存(ほぞん))する ⇔ かめのインポート
かめのなかのなまえはそのカメだけが使える状態(じょうたい)変数(へんすう)(作品といっしょに保存(ほぞん)される)を作る
かめはカレントなカメにする ⇔ いまのかめ
からか文字が空だとほんとうを(かえ)
かりのなまえはその手順(てじゅん)の中だけで有効(ゆうこう)変数(へんすう)を作る
カレントディレクトリ作品のあるカレントディレクトリを(かえ)
キーをおしたかキーボードを()すとほんとうを(かえ)
きゅうし実行(じっこう)を待つ
ぎょうとうへカーソルをテキストボックスの行頭へ移動(いどう)する ⇔ ぎょうまつへ
ぎょうのかずテキストボックスの文字の行数を(かえ)
ぎょうのこうもくテキストボックスの行の文字を(かえ)
ぎょうのどれかテキストボックスのどれかの行の文字を(かえ)
ぎょうまつへカーソルをテキストボックスの文字の行末(ぎょうまつ)移動(いどう)する ⇔ ぎょうとうへ
ぎょうをやるテキストボックスの行の文字を命令(めいれい)として実行(じっこう)する
きょりカメとカメの距離(きょり)(かえ)
きりとるテキストボックスの選択(せんたく)した文字を切り取り、記憶(きおく)する ⇔ クリップボード
くりかえす「」の命令(めいれい)指定(してい)した回数だけ()(かえ)
クリックオフカメをクリックしたことを取り()す ⇔ クリックオン
クリックオンカメをクリックする ⇔ クリックオフ
クリップボードテキストボックスの記憶(きおく)していた文字を(かえ)す ⇔ きりとる
こたえ質問(しつもん)のダイアログで入力した文字を(かえ)す ⇔ しつもん
こてい固定(こてい)したオブジェクトの固定(こてい)解除(かいじょ)する ⇔ かいじょ
コピーテキストボックスの選択(せんたく)した文字を記憶(きおく)する ⇔ クリップボード
これをとめるプロセスの中でプロセス自身を止める


さ -引き算 ⇔ 
さいごワードの最後の文字、リストの最後の要素を(かえ)
さいごいがいワードの最後以外の文字、リストの最後以外の要素を(かえ)す ⇔ さいしょいがい
さいごに文字をワードの最後、リストの最後に加えて(かえ)す ⇔ さいしょに
さいしょワードの最初の文字、リストの最初の要素を(かえ)
さいしょいがいワードの最初以外の文字、リストの最初以外の要素を(かえ)す ⇔ さいごいがい
さいしょに文字をワードの最初、リストの最初に加えて(かえ)す ⇔ さいごに
さがすテキストボックスで文字を(さが)して選択(せんたく)状態(じょうたい)にする
さくひんないのなまえ変数(へんすう)一覧(いちらん)(かえ)
さくひんないのなまえはグルーバルな状態(じょうたい)変数(へんすう)(作品といっしょに保存(ほぞん)される)を作る
さくひんのサイズ作品のサイズを(かえ)
さくひんのサイズは新規作成のときだけ、作品のサイズを設定(せってい)する
さくひんのほぞん作品を上書き保存(ほぞん)する ⇔ さくひんをだす
さくひんのリスト作品の一覧(いちらん)(かえ)
さくひんをだす今の作品を終えて作品を開く ⇔ さくひんのほぞん
アスキーコードを文字にする ⇔ アスキー
ししゃごにゅう四捨五入(ししゃごにゅう)した(あたい)(かえ)
しすうe(イー)のべき(じょう)(かえ)
しぜんたいすう自然対数(しぜんたいすう)(かえ)
したのいろカメの下の色を(かえ)
したへかくコマンドセンターに書く
しつもん質問ダイアログを表示し、回答を受け取る ⇔ こたえ
じのいろテキストボックスの文字の色を(かえ)
じのいろはテキストボックスの文字の色を設定(せってい)する
じのインポートテキストボックス、手順(てじゅん)、コマンドセンターにファイルから文字を読み()む ⇔ じのエクスポート
じのエクスポートテキストボックス、手順(てじゅん)、コマンドセンターから文字をファイルに保存(ほぞん)する ⇔ じのインポート
じのスタンプ透明(とうめい)なテキストボックスの文字を背景(はいけい)(うつ)
じのひょうじ(かく)していたテキストボックスを見えるようにする ⇔ じをかくす
じのほぞんカレントのテキストボックスの文字をファイルに保存(ほぞん)する ⇔ じをよみこむ
しょう ÷ /()り算 ⇔ せき
じをかくすテキストボックスを(かく)して、見えなくする ⇔ じのひょうじ
じをけすテキストボックスの文字を()
じをよみこむカレントのテキストボックスにファイルから文字を読み()む ⇔ じのほぞん
すうじか中身が数字だとほんとうを(かえ)
スタンプカメの形を背景(はいけい)(うつ)す ⇔ かたちのスナップ
スタートアップ作品を開くと自動で実行する手順(てじゅん)
すべるカメを指定(してい)された速さで動かす
スライダー新しいスライダーを作る
せいすう数の整数部分(せいすうぶぶん)(かえ)
せき × *かけ算 ⇔ しょう
ぜったいち絶対値(ぜったいち)(かえ)
せっていオブジェクトのプロパティを(かえ)
せっていするオブジェクトのプロパティを設定(せってい)する
セルのあたいエクセルのセルの値を(かえ)
セルのあたいはエクセルのセルに値を書く
ぜんぶ全部のカメに命令(めいれい)する ⇔ かめは
ぜんぶのなまえすべての変数(へんすう)名と変数(へんすう)の値を(かえ)
それぞれのすうじをやる0 から数字まで、「 」を()(かえ)
それぞれをやる 0 からリストの要素(ようそ)の数まで「リストの要素(ようそ)」を実行(じっこう)する


たいきするほんとうになるまで待つ
タイマータイマーの時間を(かえ)
タイマーのリセット タイマーの時間を0にする
たてのいちカメの(たて)位置(いち)(かえ)
たてのいちはカメの(たて)位置(いち)設定(せってい)する
たのむカレントを変更(へんこう)しないで他のカメを操作する
ちゅういしてやるエラーのときに「」を実行(じっこう)する
つぎのときに無限(むげん)条件(じょうけん)がほんとうになるのをチェックする
ディレクトリサブディレクトリ一覧(いちらん)(かえ)
ディレクトリはサブディレクトリに移動(いどう)する
テキストのリストテキストファイルの一覧(いちらん)(かえ)
テキストボックス新しいテキストボックスを作る
テキストボックスめいテキストボックスの名前を設定(せってい)する
てじゅん手順(てじゅん)のタブエリアを表示する
てじゅんは ~ おわり新しい命令(めいれい)(コマンド、レポータ)を作る
でてくる(かく)れていたカメを見えるようにする ⇔ かくれる
とうめいテキストボックスを透明(とうめい)にする ⇔ ふとうめい
とまる手順(てじゅん)の中で手順(てじゅん)を止める
とりけす実行(じっこう)中のプロセスを止める
どれかワードの中のどれか1文字、リストの中のどれか1つの要素(ようそ)(かえ)
どれかほんとう条件(じょうけん)のどれかがほんとうのとき、ほんとうを(かえ)す ⇔ みんなほんとう


なかみ変数(へんすう)の中身を(かえ)
なかみは変数(へんすう)に代入する
なくすオブジェクト、状態(じょうたい)変数(へんすう)()
なまえか文字が変数(へんすう)の名前として使われているとき、ほんとうを(かえ)
なまえはグローバル変数(へんすう)を作る
なまえをなくすグローバル変数(へんすう)()
なまえをみんななくすすべてのグローバル変数(へんすう)をなくす
ぬるカメの色で()


・・・は状態変数(じょうたいへんすう)に値を入れる
はいけい背景(はいけい)の色を(かえ)
はいけいのかいじょ固定(こてい)されいた背景(はいけい)固定(こてい)解除(かいじょ)する ⇔ はいけいのこてい
はいけいのこてい背景(はいけい)固定(こてい)する ⇔ はいけいのかいじょ
はいけいのスナップ背景(はいけい)記憶(きおく)する
はいけいのほぞん 背景(はいけい)をファイルに保存(ほぞん)する ⇔ えをよみこむ
はいけいは背景(はいけい)の色を設定(せってい)する
はくしをだす白紙の作品にする
はじめるプロセスと実行(じっこう)する
はりつける記憶(きおく)していた文字をテキストボックスに書く
はんいのスナップ背景(はいけい)指定(してい)した範囲(はんい)をカメの形に入れる
はんたい条件(じょうけん)否定(ひてい)(かえ)
ひだりへカメを左に回転する ⇔ みぎへ
ビデオのリセットビデオを(もど)
ひょうじ()んだ手順(てじゅん)から、値を(かえ)
ひょうをとじるエクセルのワークシートを閉じる ⇔ ひょうをひらく
ひょうをひらくエクセルのワークシートを開く ⇔ ひょうをとじる
ファイルめい指定(してい)した拡張子(かくちょうし)のファイルの一覧(いちらん)(かえ)
ファイルをけすファイルを削除(さくじょ)する
フォントのサイズテキストボックスのフォントのサイズを(かえ)
フォントのサイズはテキストボックスのフォントのサイズを設定(せってい)する
フォントのスタイルはテキストボックスのフォントのスタイルを設定(せってい)する
フォントはテキストボックスのフォントを設定(せってい)する
フッターは用紙のフッターを設定(せってい)する
ふとうめいテキストボックスを不透明(ふとうめい)にする ⇔ とうめい
プレゼンテーションモードプレゼンテーションモードと標準モードの切り替え
ぶん文字と文字をスペースの区切(くぎ)りを入れてつなぐ
ぶつかったかカメがカメとぶつかるとほんとうを(かえ)
ぶつかったかめカメの中の追加設定(せってい)衝突(しょうとつ)命令(めいれい)でぶつかったカメの名前を(かえ)
ぶんとうへカーソルをテキストボックスの文頭(ぶんとう)移動(いどう)する ⇔ ぶんまつへ
ぶんまつかカーソルがテキストボックスの文末(ぶんまつ)にあるとほんとうを(かえ)
ぶんまつへカーソルをテキストボックスの文末(ぶんまつ)移動(いどう)する ⇔ ぶんとうへ
ページのリストページの一覧(いちらん)(かえ)
ページをだすページを開く
へいほうこん平方根(へいほうこん)(かえ)
べきじょうべき(じょう)(かえ)
ペンのサイズカメのペンのサイズを(かえ)
ペンのサイズはカメのペンのサイズを設定(せってい)する
ペンをあげるカメが線をかかなくする ⇔ ペンをおろす
ペンをおろすカメが線をかくようにする ⇔ ペンをあげる
ほうこう相手のカメがいる方()()
ボタン新しいボタンを作る


マージ他の作品のページ、手順(てじゅん)を読み()
マイナス数値(すうち)符号(ふごう)(ぎゃく)にして(かえ)
マウスのいちマウスの位置(いち)(かえ)
まえへカメを前に動かす ⇔ うしろへ
まえへだすカメの重なりを手前((おもて))にする ⇔ うしろへさげる
まつ実行(じっこう)を待つ
まったくおなじか完全に同じ(大文字小文字の区別をする)だと、ほんとうを(かえ)
みぎへカメを右に回転する ⇔ ひだりへ
みだしはページの名前を設定(せってい)する
みつけたかテキストボックスで(さが)した文字があると、ほんとうを(かえ)
みんなとまるすべてのプロセスを終える
みんなほんとう条件(じょうけん)のすべてがほんとうのとき、ほんとうを(かえ)す ⇔ どれかほんとう
むきカメの()きを(かえ)
むきはカメの()きを設定(せってい)する
むげんに無限(むげん)()(かえ)すプロセスを実行(じっこう)する
めいれいはカメの中の命令(めいれい)設定(せってい)する
めいれいをけすコマンドセンターの文字を()
メッセージをだすメッセージダイアログを表示する
もし条件(じょうけん)がほんとうのとき、「命令(めいれい)1」を実行(じっこう)する
もしどちらかを条件(じょうけん)がほんとうのとき、「命令(めいれい)1」を実行(じっこう)し、うそのときは「命令(めいれい)2」を実行(じっこう)する
もとのまま背景(はいけい)のスナップで記憶(きおく)した背景(はいけい)(もど)す ⇔ はいけいのスナップ

やるワードを命令(めいれい)として、実行(じっこう)する
ようりょう使用しているメモリー容量を(かえ)
よこのいちカメの横の位置(いち)(かえ)す ⇔ たてのいち
よこのいちはカメの横の位置(いち)設定(せってい)する ⇔ たてのいちは
よりおおきいかA > B でAが大きいとき、ほんとうを(かえ)す ⇔ よりちいさいか 
よりちいさいかA < B でAが小さいとき、ほんとうを(かえ)す ⇔ よりおおきいか


らんすう乱数(らんすう)発生(はっせい)する
らんすうをもとへ同じ乱数(らんすう)発生(はっせい)する
リスト文字と文字をスペース区切(くぎ)りを入れてリスト構造(こうぞう)を残したままつなぐ ⇔ リストにしたもの
リストかリストだとほんとうを(かえ)
リストにしたもの文字の中のスペース、「」を区切(くぎ)りとして、リストに分ける ⇔ リスト
ローカルは手順(てじゅん)の中だけで有効(ゆうこう)なローカル変数(へんすう)を作る


わ +足し算 ⇔ 
ワード文字と文字をつなぐ
ワードかワードだとほんとうを(かえ)


arctan
cos
log
sin
tan


.serialinit
.setbaud
.recc
.send
.dllprim
▲TOP




































2018